神奈川の環境に配慮されている貸し工場

subpage1

神奈川で貸し工場を利用する場合は、できるだけ事前に立地の標高を確認しておきましょう。
高さがあればよいのではなく、周囲との高低差がポイントになりますが、標高を把握しておくと管理会社と交渉しやすいメリットもあります。



神奈川の環境で気をつけたいのが、水が集まりやすい場所です。

普段は水が流れてくるようには見えない環境の場合が多く、天気の良い日の現地確認では確認しづらいのが難点です。


貸し工場を現地見学するときは、晴れていても雨でもメリットがあります。

@niftyニュースに関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

晴れていれば乾燥しているのか、湿度対策と通気性を確認できます。


雨ならば排水性と水の流れを確認できます。



貸し工場の敷地を取り囲むように側溝が施工されていると、排水性能は高いと判断できます。
工場よりも高い位置に川が流れていると、工場の敷地からは見えない場合が多いので地図は必需品です。

管理会社に問い合わせるときに、ハザードマップの有無を質問すると良いでしょう。


神奈川は行政機関がハザードマップを作成し、無料で配布しています。管理会社がハザードマップを所持して管理していれば、環境にも配慮されていることが分かります。


管理会社がハザードマップを見せてくれるようならば、環境対策に自信があると推測できます。
ハザードマップの話そのものを嫌がられれば、不都合があるかもしれません。

近くを流れている川の標高と、貸し工場の標高を比べてみて、川のほうが標高が高ければ、過去の水害の有無を調べておくと安心です。