神奈川で役立てたい貸し工場

subpage1

神奈川で広いアトリエを使用したいなら、事業用物件を探してみましょう。

事業用物件の中には、居住空間も兼ね備えているタイプと、居住空間の施工されていないタイプがあります。居住空間が施工されていないタイプの中には、貸し工場も含まれています。

アトリエとして利用する場合に気をつけたいのが、隣接する周辺への配慮です。


騒音だけでなく、意外な盲点になりやすいのが匂いです。


塗料の匂いだけでなく、作業で過熱された金属類から発せられる匂いもあります。

神奈川の貸し工場では、換気口に消臭フィルターが施工されているタイプもあります。
もともと稼動していた業種にもよりますが、家庭用の換気扇と異なり、業務用の換気扇は消費電力が大きくて、換気効果も絶大です。

工場内の空気を排出するときに、クリーンな排気になるようなシステムになっていれば、匂いのトラブルになりません。

OKWave情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

貸し工場を利用するときは、外観と内観を見るだけでなく、書類にも目を通しましょう。

騒音対策や防音対策は、数値で表記されているからです。


どれくらいの音を屋外に漏らさないで済ませられるのかは数値で把握できます。



数値を理解できなくても、質問をしてみて説明を聞くと良いでしょう。



神奈川で広いアトリエを使用するときは、管理会社とのコミュニケーションも重要です。

契約するときだけでなく、実際に利用するようになってからでも、連絡を取り合えると安心です。


さまざまなトラブルは、すでに経験済みの上で貸し工場として賃貸経営されている場合が多く、対処法も教えてもらえます。